台風対策

みなさんこんにちは(^ ^)
TKコーポレーション広報担当の辻です!

今週末は、3連休だ〜♪♪という方も多いのではないでしょうか??

ですが...せっかくのおやすみもまたまた台風でお天気が崩れそうですね( ; ; )

避難生活をしなくてはならないほどに大きな被害を起こす台風。
つくづく台風の恐ろしさを感じる今日この頃です。

みなさんに少しでもお役に立てれば!と思いまして、

今日は『台風対策』についてご紹介したいと思います!!


IMG_0275.jpg

1.屋根
瓦のひび割れ、ずれ、剥がれの確認

2.庭やベランダ
鉢植えや物干し竿などは飛散しますので、必ず室内へ

3.危険物等
しっかりと固定しましょう。

4.雨どい・雨戸
雨どいに落ち葉などが詰まっていないか。雨戸のガタ付きはないか。

5.外壁
モルタルの壁に亀裂はないか。板壁には腐り浮きはないか。

6.窓ガラス
ひび割れ、窓枠のガタツキ、強風による飛来物対策

7.屋内
停電・避難・浸水の備え


台風は、屋根も車も吹き飛ばし、時には電柱や看板がポッキリと折れたり...と何と言っても風の強さが恐ろしいところだと思います。

飛んできたものにより、自宅の窓ガラスが破損なんてことも考えられます。

ここぞと言う時に、問題なく過ごせるようメンテナンスを怠らずにしておくと安心ですね。

便利でオシャレなサンルーム実例

こんにちは(^^)
(株)TKコーポレーション広報担当の辻です!

先日、サンルームの取り付け工事をさせていただきました。

サンルームって必要??

そう思う方もいるかもしれませんね!

必要かどうかではなく、あると便利!!なものだと思います。

奥様からはこんなお言葉を頂きました。
「毎日、毎日、この段差を行ったり来たりで洗濯物を干すのがとても大変だったの。
 でも、段差がなくなってからは、体の負担がなくなって楽になったわ〜。
 雨の日も心配なく干せるからリフォームしてよかったわ〜。」

ご主人様からは、
「休日は、ここで本を読んだりお茶したりしてるんだよ。  
お天気のいい日はポカポカして気持ちが良くてお昼寝したりね!  
リラックスできる空間ができて、最高だよ。ありがとね!!」

...と、なんとも嬉しいお言葉をいただきました!!


それぞれのライフスタイルで必要なもの、便利なものは違ってくるとは思いますが、 サンルームはメリットがとても多いです。

<メリット>
1:オシャレ
2:雨の日の洗濯物の心配がなくなる
3:花粉やPM2.5も安心な洗濯スペース
4:2重部屋効果でエアコンの効果UP(電気代の節約)
5:部屋が明るくなり、開放感が得られる
6:子供やペットの居場所として安心 などなど、とても生活がしやすくなります。

それでは、今回の施工事例をご覧ください♪♪

before

IMG_8097.jpeg


↓ ↓ ↓


after

IMG_9477.jpeg

リフォーム物件 〜前回の続きです〜

こんにちは(^^)
TKコーポレーション広報担当の辻です‼︎

涼しくなったと思えば、暑くなったり、、、
温度差が激しい毎日に悩まされております。

旦那と子供2人は、なんとこの時期にインフルエンザA型にかかってしまいました(;_;)
残すは、私と長男。。。
移りませんように...と祈る毎日です。

北九州では、学級閉鎖になっている小学校や中学校がちらほらと出てきているようです。
皆さん、ご注意を!!!


さて、今回は前回ご案内しましたリフォーム物件の続きでございます。

before→afterをご覧ください♪♪

①1階奥にあった台所は、リビングへ移動しましたね!
キッチンを取り払い、青い壁の素敵なお部屋に大変身しました。

before
IMG_7880.jpeg

  ↓↓↓

after
IMG_9258.jpeg


②こちらは2階のお部屋です。
光は入いるのですが、昔ながらの木の壁ですと部屋全体が暗く感じますね。
小窓のお部屋は白など明るい色を使用することでこんなにも明るく感じます。

before
IMG_7155.jpeg

  ↓↓↓

after
IMG_9269.jpeg


③バスルーム

before
IMG_7876.jpeg
 
 ↓↓↓

after
IMG_9260.jpeg

リビングからキッチン、バスルーム、トイレも全てリフォームさせていただきました。
ありがとうございました。

次回は、別のリフォーム物件のご紹介をしようと考えております。

リフォーム物件のご紹介です!

こんにちは、TKコーポレーション広報担当の辻です(^^)

少し涼しくなってきましたね!
しかし、日中と朝晩の温度差で子供達は順番に風邪を引き始めております...(涙)
皆様は、大丈夫ですか??
風邪を引かないようお気をつけ下さい。

さて、今回はリフォーム事例のご紹介です。

築25年の住宅をリフォームさせていただきました。

今回の物件は、もともと洋室と和室がくっついたタイプのリビングでしたが、
和室とリビングの壁を取り払い1つの部屋にしました。

なんと和室部分はキッチンとして生まれ変わりました!

ビフォーアフターがこちらです!

before
IMG_7209.jpeg


↓↓↓


after
IMG_9275.jpeg


リビングから見るとこんな感じです。

IMG_9266.jpeg

広いリビングダイニングに大変身しました。
とても素敵に生まれ変わりました♪♪

それでは、、、
今日はこのへんで失礼します(^^)/

HOMA × journal standard Furniture

こんにちは。広報担当です。

47585720_221175285451984_2238032669680074752_n.jpgこの3月14日から、当社が取り扱っている「HOMA」とインテリアブランド「journal standard Furniture」がコラボした新築規格住宅「journal standard Furniture HOUSE」"JSFH"の販売が開始されました!!
デザインは、古い街並みを思わせるレンガタイルの外観や、N.Y.ブルックリンの工場をイメージした洋風の小屋組みを採用したリビングなど、とってもお洒落なおうちです。
jsfh_exterior_visual01.jpg

journal standard Furniture HOUSEは、
リノベーションに興味がありヴィンテージ感も好き、でもやっぱり住むなら新築住宅がいい。
そんなニーズに応えるべく、アメリカ東海岸を彷彿とさせる古き良きヴィンテージ調の"デザイン"と、住む人々の生活に寄り添った"利便性"の両立を目指して完成しました。
story_descriptionVisual.jpg
「JSF」は、ファッションの「journal standard」というセレクトショップを展開。
「JOURNAL」は新聞、ニュースという意味で"トレンド"を意識し、
「STANDARD」は"定番"アイテムを意識しており、ベーシックなアイテムはおさえつつ、
テイストは"アメカジ"をベースにした素敵なお店です。

「journal standard Furniture」と「journal standard」のお店に興味がある方は
この近くでは、福岡パルコさんに入っておりますので、ぜひ覘いてみてくださいね!!

HOMA × journal standard Furniture HOUSE

暮らしやすい間取り②

前回の、『暮らしやすい間取りとは』の続きです。

暮らしやすい間取りをつくるには、
どのようなところに気を付ければ良いでしょうか?


<採光>
間取り作りは一般的に、東西南北に適した部屋を配置することから始めます。
リビングなど、たくさんの人が長時間過ごす部屋は、南東に面した
一日を通して気持ちの良い採光が確保できる場所が良いと言われます。
逆に、トイレや浴室などの水廻りは、北西の夕日が差し込む場所や
採光がうまく確保できない場所に配置するのが良いですね。


<生活動線>
動きやすさが暮らしやすさにつながる為、家族一人ひとりの一日の動きや流れを
使う部屋とその部屋中にいる時間を書き出して、情報を整理してみましょう。
さらに、子供の成長や増える子供・巣立つ子供、両親の介護といった将来的な事を
考えておくと、より長い期間住みやすい暮らしを実現できる事になるでしょう。


<風通し>
自然の光と併せ、自然の風を取り入れられる間取りは気持ちがいいですね。
風が通り抜けられるよう、できれば1つの部屋の対面した位置に窓を設置すると良いです。
その際、冷たい空気を取り入れる低い位置の窓と、温まった熱気を逃がす高い窓を作ると、
外からの視線を逃がしたり、防いだりすることにも役立ちます。


<収納計画>
家族がすっきりした空間で快適に過ごすために、収納についてもしっかりと考えたいもの。
限られた空間の中で、いかに使える収納を省スペースでつくれるかが鍵になります。
今現在の生活から季節なども考え、収納するべき物と場所、サイズ等をまずはしっかりと
把握することが必要です。
ずっと仕舞ったままの物は、断捨離するとスペースをムダにしなくていいですね。


<その他家電・家具や外構>
間取りを考える際に、使用する予定の家電・家具の寸法や配置も考えておきましょう。
そうすることで、コンセントや照明の位置を検討しやすくなります。
また、お庭や玄関アプローチも、最初から考えておくことが大切です。
今は車を持っていなくても、将来的に車を持つ予定があるか、どんな車で何台かなど
によって駐車場の位置を考える必要が出てきますね。


このように、間取りを作る際は、今の暮らしから考えていくことが重要ですし、
将来的に必要になってくるものも考えることが大切です!!

私たちがお客様と一緒に間取りをプランニングしていく際は、
そういった今の暮らしの様子と、将来的な予定をよくうかがって、
住み始めてからずっと快適に住み続けられる間取りを作れるようにしています。

暮らしやすい間取りとは

多くの方が、住宅を新築する際に頭を悩ませるのが、間取りではないでしょうか?
そもそも何から始めたらよいのか、悩んでしまいますよね、、

間取りは、ご家族のライフスタイルの上に成り立つものなので、
まずはご家族のライフスタイルを見つめなおしてみると良いと思います。

家族の人数や年齢、生活する時間帯、
ペットがいるかいないかによっても使いやすい間取りは異なるため、
「これが誰にとっても1番良い間取り」という正解はありませんよね、、

たとえは、リビングに階段を配した間取りは、
「家族のコミュニケーションを取りやすい」と喜ぶ方もいらっしゃれば、
逆に「暖房効率やプライバシー性を損ねてしまう」と敬遠される方もいらっしゃいます。

ご家族のライフスタイルを見つめなおし、
「自分の家族にとって一番良い間取り」を作ることがベストです。

基本的に間取りを考える上では、家にいる時間の長い人を優先させ
使う時間の短い部屋などは優先順位を低く、予算や土地の広さの都合によっては
諦める可能性も出てくるかもしれませんね、、


~次回は、間取りでどのようなことに気を付ければよいかをアップします~

『TKコーポレーションでは、「家づくり相談会」を実施しています。
        家に関するお困りごと、些細な事でも何でもご相談ください!!』